2011年01月20日

紙みたいにペラッペラな有機ラジカル電池

いままで携帯などの電池と言えばリチウムイオン電池でしたが、今もっとすごい電池が開発されているそうです。
厚さがなんと0.7mmで紙の様にペラペラ曲げることが出来る有機ラジカル電池。
ただこれまでは充電を繰り返した時の信頼性が低く、200回ほど充電すると電池の容量が80%以下になってしまっていたそうですが、プラスチック素材とナノ炭素素材を混ぜ合わせる事で800回充電を繰り返しても80%以上の電池容量を維持できるようになったらしい。

3年後ん実用化を目指しているそうですが、この有機ラジカル電池が実用化すると次世代ICカードや高光度LEDフラッシュへの応用が考えられるそうです。
なんせ薄さが0.7mmに出来ますから、電池の場所をとらずに組み込めます。

続きを読む


タグ:電池
posted by たきさん at 22:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。